つめもの治療

つめものの治療方法

治療方法によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性・清潔感の面でも違いがあります。
最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

セラミック・ゴールド・銀歯の比較画像

使用する素材の違い

つめものの治療に使われる素材は、大きく4種類に分かれます。ひとつは歯科用に強化した陶材を用いた白く美しい「セラミック」。次に体にやさしい金属「ゴールド」。そして保険診療が利用できる「銀歯」と呼ばれている銀合金とプラスチックレジンです。これらには主に3つの違いがあります。

実際の奥歯の銀歯が見える画像

違いその1:美しさ

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。小さなつめものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

ゴールドと銀歯の比較画像

違いその2:耐久性

つめものは精度が高く作られますが、時間の経過などにより歯との隙間ができることがあります。この隙間にはプラークがたまりやすく、むし歯が再発することもあります(二次むし歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間なくピッタリです。セラミックも特殊な接着剤を用いて装着するので歯としっかり一体化します。銀歯やプラスチックレジンはこれらと比較すると隙間ができやすく、二次むし歯のリスクも高くなります。

ゴールドと銀歯の硝酸実験結果の画像

違いその3:金属アレルギー

金属のつめものはお口のなかで少しずつ溶け出してしまうため、金属アレルギーを引き起こしたり歯茎が変色する場合があります。しかしゴールドは丈夫で腐食に強く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。またオールセラミックやプラスチックレジンなら金属を一切つかっていないので金属アレルギーの心配はありません。

当院の治療メニュー

当院では健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミック、プラスチックレジンによる治療(光CR治療)など様々な治療方法に対応しています。皆様のご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

ゴールド

ゴールド

ゴールド(18K)です。

保険適用 -
費用 60,000円(税別)
美しさ ★★
再発リスク 最小
安全性 ★★★★
長所
  • 丈夫
  • 歯になじみが良い(保険の銀歯より)
短所
  • 金属アレルギーになる可能性がある
  • 目立つ
  • 変色する

セラミック

セラミック

セラミック(ニケイ酸リチウムガラス)です。

保険適用 -
費用 60,000円(税別)
美しさ ★★★★★
再発リスク
安全性 ★★★★
長所
  • 美しい
  • 目立たない
  • 表面が滑沢なため、汚れが付着しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • ほとんど変色しない
短所
  • 極度に強い衝撃を与えると割れることがある

銀歯

銀歯

金銀パラジウム合金です。

保険適用
費用 2,000円~3,000円
美しさ
再発リスク
安全性
長所
  • 丈夫
  • 保険が適用できる
短所
  • 金属アレルギーになる可能性がある
  • 目立つ
  • 変色する

歯科用レジン(プラスチック)

歯科用レジン

コンポジットレジン(プラスチック)です。

保険適用
費用 1,000円~
美しさ ★★★
再発リスク
安全性
長所
  • 保険が適用できる
短所
  • 擦りへる
  • 変色する
  • 色調に問題がある
  • においが付きやすい
PAGE TOP