小児矯正

3才からの無料歯並び検診実施中!!

当院では、こども無料歯並び検診を行っています
<予約制・対象年齢 3才~15才>

無料歯並び検診をおすすめします

こんな場合にも無料歯並び検診をお勧めします。
  • 歯並びがなんだかおかしい
  • よくわからないけど一度診てもらいたい
  • キレイな歯並び
    (今はきれいでも、放っておくとひどくガタガタになってしまう場合もあるので)

※ちょっとした悪習慣で、歯並びだけでなく顔、アゴまでくずれてしまうこともあります。
特にお母様には、正しい歯の知識と関心をお持ちいただき、お子様の歯・アゴ・顔の健やかな成長を確保していただきたいと思います。

無料歯並び検診ムハケン ※「ムハケン」は平和歯科医院の登録商標です。


3才になったらとにかく一度 無料歯並び検診を!!

驚くお母さん

こんな低年齢から矯正治療を始められるなんてもっと早く知りたかった!

多くの方からこのようなお声をいただきます。

“永久歯がはえかわる(おおよそ12才前後)まで様子を見ましょう!”と言われたことはありませんか?
当院では、3才児からの“無料歯並び検診”を実施しております。

“永久歯”にはえかわってないので、矯正治療はまだ早いですよね? というご質問をたくさんの患者様(保護者様)からいただきます。当院には月間300人超の矯正患者様が来院されますが、その5割以上が4才~6才で矯正治療が必要とされた患者様でした。

もっとも早く矯正治療を開始した患者様の年齢は3才5ヶ月です。
当院のポリシーの一つはできるだけ早く矯正治療を始めて、できれば小学生の内に治療を終了することです。
最近は以前に比べて中学受験も当たり前の時代になってきました。その忙しい時期に矯正治療を始めるというのは患者様(保護者様)には大変負担の大きいことではないでしょうか。

かかりつけ歯科医院、学校検診などで歯並び異常の指摘があった方、もしくはご自身(保護者様)で少しでも歯並びがおかしいと思われる方はいち早く平和歯科医院“無料歯並び検診”を受診ください。

親切、丁寧にお子様の歯並びの現状をご説明いたします。受診後、「異常なし」となればこんなに良いことはありません。「異常あり、治療を要する」となった場合でも、治療するしないに関わらず、現状を、詳しく早く知ることができるメリットは大きいかと思われます。是非、当院の“無料歯並び検診”をご活用下さい!!


矯正治療の流れ 矯正治療の費用 当院の小児矯正治療


矯正治療の流れ

1回目
矯正相談(無料)

矯正相談希望の方には無料で歯並び検診をさせていただいております。
(16才以上は有料 ¥2,000)

歯並び検診により
①矯正治療が必要かどうかの判定
②矯正治療が必要となれば A. いつ頃始めるのが最適か
B. どのくらいの期間を要するか
C. 通院の頻度
D. 費用と支払い回数、支払い方法
E. 当院の矯正治療法の特色
について具体的にご説明をさせていただきます。

矯正治療が必要になった場合で治療を希望される方には、精密検査の予約をとっていただきます。
2回目
矯正精密検査(¥30,000 税別)

実際に矯正を行うにあたって必要になるデータを集めます。
歯の型どり、噛み合わせのトレース、歯・顎・顔の写真 及びレントゲン写真撮影
口内チェック(舌、のど、咬筋、虫歯、口呼吸、発声など)

一週間後には精密検査の結果が出ます。
3回目
お話し(無料)

精密検査結果と矯正の方法、費用についての説明。
使用する装置、期間、費用などを含め、どのような治療が必要かを具体的に説明します。

「お話し」終了後、矯正治療を希望される方は治療の予約をとっていただきます。
矯正治療を決めかねておられる方は十分にご検討の上、治療希望の場合は後日予約をとっていただきます。
(矯正治療を希望されない場合はここで終了となります)
4回目
矯正治療開始

矯正治療は動的治療と保定治療の2種類の治療を行います。
まずは動的治療(歯をきれいに並べる治療)から開始します。

動的治療期間

基本的に1ヶ月に1回の通院となります。
治療の必要に応じて1ヵ月に数回の通院となる場合があります。
虫歯になりやすい時期ですので、必要に応じてフッ素及びミネラル塗布
歯みがき指導など 虫歯、歯肉炎の予防処置を行います。

※治療のイメージについては当院の小児矯正治療をご覧下さい。
保定治療期間

歯がきれいに並んで動的治療が終了しても一定の期間、歯はあと戻りしやすく 歯並びがくずれやすい状態です。
歯並びが安定するまで保定治療(きれいな歯並びを維持する治療)を行います。
基本的に4ヵ月に1回の通院となります。保定治療期間は概ね2年程度必要とします。

※治療のイメージについては当院の小児矯正治療をご覧下さい。
矯正治療終了

保定治療も終わり歯並びが安定しましたら、矯正治療終了となります。
希望の方には引き続き経過観察を行います。

矯正治療の流れ 矯正治療の費用 当院の小児矯正治療


矯正費用について(矯正は保険対象外です)

費用について

矯正費用は下記の①+②+③の合計額です。

① 精密検査料 ¥30,000
② 治療装置料 ¥35,000~¥400,000(一装置の費用として)

治療装置には次のようなものがあり、使う装置によって矯正費用は様々です。
装置によって装着時間、期間もかわります。患者さんの年齢、口腔内の状態などにより使用装置が決まります。

床矯正装置 ¥65,000~
バイオネーター ¥100,000
部分ワイヤー装置 ¥65,000~
リップバンパー ¥65,000
プリフィニッシャー ¥65,000
全部ワイヤー装置 ¥400,000~
保定装置 ¥35,000~
その他、各種装置あり
③ 調整管理料 ¥2,000

矯正治療は基本的には月一回の来院で結構です。その際、調整管理料がかかります。  治療内容によっては、一ヶ月内に複数回来院して頂く場合がありますが、月の初回来院時のみ調整管理料が必要となります。各装置の治療期間は個人差がありますので詳細は担当医にお尋ね下さい。

費用の目安

矯正費用は各患者様により異なります。治療内容で費用が決まります。
精密検査後のお話にて費用をお知らせします。
下記は費用の一例です。

(例1)
床装置 ¥65,000
保定装置 ¥35,000
¥100,000+調整管理料
(例2)
床装置(上下) ¥65,000 ×2
ワイヤー装置(上下) ¥65,000 ×2
バイオネーター ¥100,000
リップバンパー ¥65,000
プリフィニッシャー ¥65,000
保定装置(上下) ¥35,000 ×2
¥560,000+調整管理料
(例3)
リップバンパー ¥65,000
全部ワイヤー装置(上下)【成人矯正】 ¥400,000 ×2
¥865,000+調整管理料

※上記費用は税抜き金額です。別途消費税額を申し受けます。

矯正治療の流れ 矯正治療の費用 当院の小児矯正治療


当院の小児矯正治療

床装置

床装置

前歯のスペースがなく歯がガタガタしてしまいました。床装置で顎を広げて歯のはえるスペースを作りました。

矯正治療の前後写真1

リップバンパー

奥歯のはえるスペースがない時に入れる装置です。6歳臼歯を後(喉の方向)に動かします。この治療ができるのは12歳臼歯がはえる前までです。はえてしまってからでは遅いのです。 良い時期を見逃さないよう治療を行います。

リップバンパー
リップバンパー装着

バイオネーター

バイオネーター

噛み合わせの異常がある時にこの治療を行います。左下の写真(バイオネーター装着前)のように下の前歯が見えないくらい深い噛み合わせも治すことができます。その他、下の顎が後に下がっているような状態の時にも使用します。

バイオネーター矯正治療の前後1

バイオネーター矯正治療の前後2

左側の写真は治療前で右側の写真は治療後のものです。歯並び、噛み合わせが治ることで顔貌まで改善されました。


ワイヤー治療

ワイヤー治療

必要な場合、部分的もしくは全体的にワイヤーをつけることもあります。歯をきれいに並べるにはとても良い装置ですが、虫歯になりやすいという欠点があるので、なるべくワイヤー治療は避けたいところです。取り外し式矯正装置をしっかりはめなかったり、小児矯正の最適な時期を逃してしまった場合にはワイヤーをつける確率が高くなります。


プリフィニッシャー

プリフィニッシャー

歯並びの微調整をする装置です。装着していただくと歯並びが装置の形に誘導されて正常な位置に歯が動いてきます。しっかり装着していただくと装置の色が右下の写真のように白く変化します。

プリフィニッシャー前後写真

保定装置

矯正装置を取り外した後、歯槽骨といわれる骨がしっかりと再形成されるまでは後戻り(元の歯並びに戻ってしまうこと)しやすい状態となっています。骨が安定するまで歯列が崩れないよう保定装置をはめていただきます。

保定装置
保定装置
PAGE TOP